事故による負傷

交通事故の症状と治療法

事故による負傷

交通事故に遭うと、むちうち・腰痛・骨折・捻挫・打撲・手足の障害・ めまい・痛み・しびれ・

だるさ・不快感など様々な症状を引き起こします。

その中で最も多く重症化してしまうのがむちうち。

むちうちはレントゲンには映らない筋肉や靭帯、スジが傷ついていることが多く、

放っておくと手のしびれや頭痛、慢性の肩こりなどとなって長い間後遺症として

残ってしまう可能性があります。

 

事故による負傷

 

交通事故では通常生活では考えられない、

大きな衝撃が身体に入り大きな負担を負ってしまいます。

そのことにより体中の筋肉が緊張、硬直することで身体の痛みが症状として現れます。

交通事故でやっかいな問題は放っておいてもほとんど治らないこと、

数日たってから痛みが出てくること、日によって症状が全く違うこと、

天気によって痛みが増減されたりすること、

というように通常の身体の痛みとは全く別物だということです。

 

事故による負傷

 

ラポールの治療家は筋肉と靭帯のスペシャリストです。

どんなむちうちの症状でも必ず改善させます!

一日でも早く症状を軽くさせたいと切に願う方はぜひご来院ください。

 

治療