はり・灸

あなたは、はり・灸治療にどんなイメージがありますか?

 

はり灸に興味はあるけど・・・不安!!

痛いのや熱いのは・・・・・・怖い!!

火傷して跡が残るのは・・・・困る!!

といったイメージを持っている方は多いでしょう。

 

「はり治療」とは?

 

はり治療

「はり治療」とはその名の通り針を用いた治療です。

針と言えば注射の様なイメージで、「痛そう」といった感覚を持たれると思いますが、

採血用に使われている注射針は0.7ミリの太さで

一般的な鍼治療で使われているものは0.18ミリ(髪の毛と同じくらいの細さ)

という約四分の一の細さとなっており、鍼を打った場合に出る痛みはほぼ0です。

ただ、感覚が敏感な部位はどうしても痛みも出やすいのでそのことはご了承ください。

 

「お灸」とは?

 

お灸

 

お灸とはヨモギを乾燥させ、すり潰した「もぐさ」と呼ばれるものをツボや筋肉の上で燃やし、

身体の調子を整えていく治療法です。昔は肌に指頭大のもぐさを直接置き、

火をつけてお灸をしていました。もちろんこんなお灸は大ヤケドします!

それゆえに何か悪いことをしたら「お灸を据えるよ!」といった言葉が生まれました。

そんなイメージが強いせいか、お灸は非常に熱くて辛いものという先入観が抜けず

なかなかお灸をやってみようといった気持ちになれないのかもしれません。

しかし、現代のお灸は「心地よい熱さ」「効果が出る最適な温度」で

最低限の刺激で最大限に効果を与えられるようなものになっています。

多少の熱さは感じますが、ヤケドするようなことはまずありません。

 

はり治療で期待できる効果

 

鍼でツボや筋肉を刺激をすることにより、自律神経系、免疫系、内分泌系などに作用して、

その結果筋肉の緊張の緩和、血液、リンパ液の循環の改善、自然治癒力の向上、鎮痛効果

等の作用があります。

例えば腰痛に鍼灸(鍼治療)をすると、固くなった筋肉の緊張を緩和させ、

血液やリンパの流れがよくなることで疲労物質を流し、痛みや不快感を解消してくれます。

手では届きにくい筋肉の根っこまで刺激ができるので、

表面からだけではなく深部からの治療が可能となります。

各種の痛みだけではなく、免疫力アップ、アレルギー、

婦人科疾患など様々な症状に対応できます。

 

診断

 

お灸治療で期待できる効果

ツボや筋肉に温熱刺激を与えることによって、自律神経や免疫機構に働きかけ、

血行や免疫力の改善をはかります。

 

例えば冷え症にお灸をすると、

温熱刺激により血行が改善され血流を滞らせていた筋肉などの硬結が緩み、

症状が改善されてきます。

また、冷え症の方は本来は温かいという事を身体自身が忘れていて

なかなか改善されてこないという場合が多いので、お灸で熱を感じさせることにより、

もとの温かい身体へと治っていこうという働きを呼びかけることが可能となります。

各種の痛みだけではなく、体質改善や婦人科疾患、冷え症、

免疫調整など様々な症状に対応できます。

 

当院のお灸は3段階の熱さのお灸があり、

またさらに分類すると全部で9段階まで調節可能です。

患者様にとって最適な温度で最高の効果を発揮させます。